植田信隆『ユダヤの傷と燃え落ちる夏の花』

2022年8月22日(月)~8月27日(土) 

open : 11:30~19:00 ※22日のみ19:30まで(最終日は17時まで)

会場 : art speace kimura ASK?(2F)

 

ツェランの詩5点、原民喜の詩4点、それらにインスパイア―された絵画9点を出品する。

詩/パウル・ツェランと原民喜 絵画/植田信隆

 

トークイベント

申し込み方法

コロナ感染の拡大に伴いやむを得ず以下のように人数制限をさせていただくことになりました。
先着10名様に限定させてください。お名前と『22日トーク参加希望』あるいは『23日トーク参加希望』とお書き頂いてアートスペースキムラ宛てにメールでお申し込みください。

asku@oak.ocn.ne.jp 又は artspaceimage@gmail.com
お申し込み期間 2022年8月8日~13日17:00まで
参加いただける方には8月14日を目途にメールで返信いたします。
※非常事態宣言などの重い行動制限が生じた場合は無観客での収録もありえますので、前日までに当ギャラリーのサイトをご確認ください。

  • 「記憶と文化―ホロコーストと原爆の詩人」8月22日(月)18:00~19:30 参加無料

出席者

関口裕昭 (明治大学情報コミュニケーション学部教授 パウル・ツェラン研究)

梯久美子 (ノンフィクション作家、『原 民喜 死と愛と孤独の肖像』を執筆)

柿木伸之(西南学院大学教授 ヴァルター・ベンヤミン研究)

植田信隆 (画家)

  • 「パウル・ツェランとユダヤの傷」8月23日(火)18:00~19:00 参加無料

出席者

関口裕昭 (明治大学情報コミュニケーション学部教授) 

植田信隆 (画家)

略 歴:

植田信隆

  • 1957年 に広島市生まれる。広島市在住。
  • 1979年 広島大学教育学部美術科卒業、1991~2年 オーストリア国立ウィーン応用美術大学にてアドルフ・フローナー教授の絵画クラスに学ぶ。2005~6年 神戸芸術工科大学大学院研究生として高木隆司特任教授のもとで渦の実験と解析を行う。
  • 主なグループ展に、1998年 「観相の空間」マンダラ・尾道・曼荼羅展(尾道市立美術館)
  • 2004~05年 「松澤宥と九つの柱 ― 九相の未来 ― パリニルヴァーナに向かって」(広島市現代美術館)、2011~12年 「芸術と科学の婚姻 虚舟 私たちは、何処から来て、何処へ行くのか?」(岡本太郎美術館/川崎)、2015~16年 「神々の黄昏」展(大分県立美術館)
  • 2017年 「東と西/西と東」展 (アートマークギャラリー/ウィ―ン)などがある。
  • その他、日辰画廊/東京、ギャラリー白/大阪、かねこ・あーとギャラリー/東京、アートスペースキムラASK? /東京、ギャラリーG /広島 などでの個展多数。
  •  最近では、展示とともにギャラリートークを盛んに行っている。2020年に哲学・美学者の柿木伸之と【松澤芸術を語る】、兵庫県立美術館学芸員の出原均と【観念芸術と松澤宥】、2021年には『松澤 宥』展 (ギャラリーG) において、同展キュレーターのアラン・ロンジノ、富井玲子と共にオンライントークを、同年、作曲家の細川俊夫と【伝統から立ち上がる創造】と題してトークを開催している。 
カテゴリー2022